So-net無料ブログ作成

2018年 6月に来日します [お知らせ]

IMG_8142.jpg


『音楽の友』9月号によると、2018年6月にヴェルザー=メストとクリーヴランドオーケストラが、楽団創立100周年ツアーの一環として、来日公演を行うようです(招聘元はAMATI)。
このニュースをどれほど待ち望んだことでしょう!! いよいよ実演を聴けるのかと思うと、天にも昇る気持ちです。

17/18シーズンには、セヴェランスホールでトリスタンとイゾルデを取り上げるので、本当はクリーヴランドまで行きたいのですが、治安を考えると遠征は厳しそう。でもどうしても2018年はライヴ演奏を聴きたい、と思っていたところへの朗報でした。2年後、無事に来日公演が実現していますように。


***
今年も篤志家さまがアップロードしてくれました。ザルツブルク音楽祭のダナエの愛。すぐに削除される可能性があるので、お早めにローカルへ保存することをお勧めします。




***
8/18から始まったクリーヴランドオーケストラのヨーロッパツアーも、残すところ聖フローリアン修道院でのドイツレクイエムの録音、およびルツェルン音楽祭となりました。お聴きになった方々が絶賛しているのは嬉しい限りです(こちらこちら)。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

T.D

これは楽しみでなりませんね!! ベートーヴェンを持ってきてくれるのでしょうが、内田光子さんの登場でマエストロの登場が減らないか少し心配です。

いつかは私もセヴェランスホールで彼らの演奏を聴きたいと思っています。まずは日本で聴けそうですね。地方を回ることはなさそうですが汗

ダナエの愛の演出はかなり大掛かりだったみたいですね。マエストロに大歓声が上がったのはファンとしても嬉しいことです。近年の緊張感と躍動感が重なった演奏は素晴らしい!! 篤志家さまに感謝です。
by T.D (2016-08-23 21:01) 

menagerie_26

T.Dさん

今からあれこれと思いを巡らせております!!

クリーヴランド管のヨーロッパツアーのように、できればソリストなしでお願いしたいですね。北米の他の楽団に比べてクリーヴランドの場合、ツアー中、ソリスト同伴のコンサートは少なめです。内田さんやブロンフマンも良いのですが、指揮者とオケの純粋な演奏を楽しみたいです。ベートーヴェンもバルトークやR.シュトラウスも…つまるところどんな演目でも満足です(笑

2018年はサントリーホールでしょうか。聖地巡りもいつかしたいですが、ハードルが高そうですね。

ダナエの愛、無事に見られて良かったです!!
演出については頭の中を整理中ですが、演奏は非の打ち所のない素晴らしいものでしたね。

by menagerie_26 (2016-08-23 22:11) 

T.D

来日コンサートとなると、首都圏に住んでいればよかった...と思います笑 個人的にはベートーヴェンが聴きたいです。確かにどんな演目でも満足なのですが、彼の大得意な演目を揃えて欲しいですね。

きっとサントリーホールでしょう。車をとばして日帰りのコースにしようか、泊まってしまおうか、悩んでいます。まだ2年ありますけどね笑
by T.D (2016-08-24 16:54) 

menagerie_26

T.Dさん

おそらく2-3公演はあるはずですから、首都圏在住でないと全てを聴くことは難しいですよね。ヴェルザー=メストとクリーヴランド管らしさを最も感じられるプログラムを期待します!!

T.Dさんは日帰りができる距離なのですね(ギリギリ?)。私はいつも新幹線+宿泊コースです。おっしゃるとおり、考えるには早すぎるんですが、想像するだけで楽しいです(笑
by menagerie_26 (2016-08-25 01:19) 

T.D

ギリッギリ日帰りが可能ではあるのですが、翌日以降の生活に支障をきたしそうです笑 やはり宿泊にしようと思います。宿泊なら2公演は聴けるかな...。あっ、いけない、まだ2年後のことでした!! 笑

終演後は素晴らしい音楽の余韻に浸りながらホテルで東京の夜景を望みたいものです。リッツカールトンなんていいですね。絶対に財力が追いつきませんが、ヨダレものの妄想が尽きません笑

紹介されているヨーロッパツアーでのレビューを読む限り、ヴェルザー=メストの音楽に否定的だった方も、近年は見直しているようですね。どれほどの演奏が聴けるのか、お互いワクワクして待ちましょう!!
by T.D (2016-08-25 23:17) 

menagerie_26

T.Dさん

やはり宿泊の方が無難ですね。続けて公演があれば、お休みも取りやすいですし。
音楽の余韻に浸りながら、夜景を眺めるなんて想像しただけで素敵ですね!!リッツカールトンの1泊は、おそらくチケット代より高いでしょうけれど(笑

最近、国内外を問わず、ヴェルザー=メストを再評価する方をよくみかけます。あのあだ名(Frankly…)のままだと思っている人は、後で絶対後悔しますね。
by menagerie_26 (2016-08-27 22:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。