So-net無料ブログ作成
検索選択

シベリウス 交響曲第2番 (4/10更新) [音楽]



Sibelius Symphony No. 2 in D major, Op. 43
The Cleveland Orchestra
Franz Welser-Möst, conductor
February 2017, Miami Knight Concert Hall

(4/10 更新 オンデマンドになりました。こちらのリンクから是非どうぞ!! )

今シーズンは、シベリウスの交響曲第2番で幕を開けた。クリーヴランド管のシベリウスの2番といえば、ジョージ・セルが指揮した来日公演の録音が有名だ。質実剛健できりりと引き締まった響きは、いちど聴いたら忘れられない。ヴェルザー=メストがシベリウスの交響曲...?ちょっと想像がつかなかったのだけれど、先日のマイアミ演奏会は、"another great performance"と言うにふさわしい名演だった。セルとはまた違った、目の覚めるような素晴らしいシベリウスだったのだ。

個人的にシベリウスは、ヴァイオリン協奏曲やピアノの小品を聞く程度だったので、手始めにプログラムノートを読んでみた。ベートーヴェンやブラームスと同じく、「まずは音楽ありき」の人であり、音楽に物語性を持ち込まない作風らしい。交響曲第2番には、同じニ長調のブラームスの2番のような開放的な雰囲気がある。休みなしで演奏される第3楽章から4楽章の盛り上がりは、ベートーヴェンの第5番を彷彿とさせる。

ヴェルザー=メストとクリーヴランドオーケストラの演奏は、水面に浮かんだ花びらをそっとすくうような繊細さが特徴的だ。第1楽章の冒頭。さざなみのような弦の調べに続くオーボエの旋律を聴いた時、心の深いところが震えるような感覚に襲われた。えっとこれは、録音だよね?と自問したほどだ。弦と木管、金管が見事にブレンドされ、匂い立つような美しい響きを作り出している。何と抑制の効いた爽やかな音色だろう。弱音へのこだわりというのだろうか、ちょっと他では聴いたことのないような優美な響きで迫ってくる。

第2楽章では、独特の厚みと潤い、堅牢さとしなやかさを兼ね備えたクリーヴランドの弦と金管が凄みを増す。月に照らされながら闇の中をさまようかのような陰鬱なイメージを、非常に力強い響きで体現する。一方で、甘美な第2主題に添えられるフルートの繊細な響きには、またしても心が震える思いがした。

第3楽章。オーケストラが、氷上を舞うスケーターのように勢いよく駆け抜けてゆくのが実に気持ち良い。ワルツが得意なヴェルザー=メストらしさが全開の、スピード感があって颯爽とした響きだ。いったん静まって始まる長閑なオーボエの音色は、無垢な美しさを湛えていた。
歓喜の第4楽章。ヴェルザー=メストは巧みに情感を付けながら、オケをぐいぐいと牽引する。精神が瑞々しさを取り戻してゆくかのような高揚感に、この上ない幸せを感じるフィナーレだった。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

T.D

第1楽章、ものの3秒でこの演奏の虜になりました。草原に立つ明るい春の芝たちが、風の通った痕跡を描く情景を思い浮かべます。録音とは思えないほど妄想を掻き立てられる、まさにgreat performanceですね。個人的には、マエストロによるone of the best performanceぐらいに思ってます笑 普段クラシックを聴かない人にも、この演奏はすんなり耳に入ってきたようで、これをきっかけにクラシックにハマりかけていますよ。こんな魅力的な演奏、生で聴けた人は本当にラッキーです。

私が特に気に入っているのは、フィナーレの部分。逆境にいながら、勇敢に歩みを進めるようなかっこよさが大好きです。大げさに曲を締めることをしないのも、マエストロらしくて良いですね。そこはセルの演奏と大きく異なると思います。
by T.D (2017-03-26 00:28) 

menagerie_26

T.Dさん

私も全く同じです。ものの3秒で心を鷲掴みにされました笑。マエストロのシベリウス…期待せずに聴き始めたのですが(失礼)、その完成度の高さに驚くばかり!! 今シーズンで最も印象に残る演奏になりそうです。クラシックをあまり聞かない方にも好評な理由がよくわかります。あの冒頭に触れると、心の中が瑞々しさで満たされる思いがしますね。

マエストロのフィナーレは、オペラ的と言いますか、シンフォニックに盛りがるところが大好きです。セル盤を含め、他の演奏にはないマエストロらしい解釈だと思います。


by menagerie_26 (2017-03-27 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: