So-net無料ブログ作成
検索選択

松山再訪 [旅]

久方ぶりに、愛媛の松山を訪れた。限られた短い時間の観光ではあったけれど、懐かしい道後温泉と松山城を満喫できた。

道後公園

スタートは、道後公園。路面電車で下車し、公園内をゆっくりと散策する。今を盛りと梅の花が咲き、小鳥のさえずりが聞こえる。澄み切った空気と梅花の匂いがほどよくブレンドされ、芳しい香りに包まれていた。遠足に来ている幼稚園児や小学生、観光客、学生、地元の人々。地域の憩いの場だ。


子規記念博物館

子規記念博物館は残念ながら休館日だった。また今度。


道後温泉駅

公園を抜けて、道後商店街へ向かって歩く。


坊っちゃん列車

坊っちゃん列車や時計台の前は、カメラを持った人で大賑い。

道後温泉本館

商店街を歩くこと数分、道後温泉の正面玄関が見えてきた。今回は入浴はお預け、付近を歩いて回った。


城山リフト

再び路面電車に乗り、松山城へ。普段は徒歩で城山を登っていたのだけれど、何を思ったかリフトに乗ってしまった。思いの外高くて怖い。震えながらカメラのシャッターを押した。


松山城

天守閣へは20分ほど歩いて到着する。薄曇りではあったけれど、松山市内を一望できた。


昔住んでいた場所を訪れると、深い郷愁に駆られるものだ。当時は、慌ただしく毎日が過ぎるばかりだった。離れてみてその良さを実感する。途中で立ち寄ったコーヒーショップのオーナーとお客さんは、いちげんさんの私に、取れたての金柑を袋いっぱいに詰めてくれた。「お姉さんもおあがりなさい。」なんて気さくで親切な人たちだろう。松山にはこんな人が多いのだ。今も昔も変わらない。

松山も広島も、お城があって路面電車が走り、昔ながらの街並みが残る。私にとってはちょうど暮らしやすい街の大きさなのかもしれない。ふと、「ふるさというんはただ生まれた場所のことを言うのやない。そねして自分で作っていくもんなんやで 」という糸子さんのセリフを思い出した(『ちりとてちん』)。松山も広島も、かけがえのないふるさとなのだと強く思った。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

T.D

道後温泉のあたりは、風情のある素晴らしい街並みが並んでいるようですね。坊ちゃんはかなり前に読んだ記憶があります。坊ちゃんのような真っ直ぐな生き方に憧れていたのを思い出しました。夏目漱石のせいで、私の通う学校の教頭先生の印象は最悪でした笑

歴史好きなので、お城には興味があるんです。確か、松山城は私の好きな蒲生氏郷の孫が城主を務めたように記憶しています。訪れたいですが、リフトなのですね...。私もダメです。

歴史情緒の溢れる伊予国、ぜひ訪れたいです。四国は魅力的ですね。近いうちに高知(無類のカツオ好き)や香川(無類のうどん好き)も行きたいのですが、距離があるのが難点です...。
by T.D (2017-03-26 00:40) 

menagerie_26

T.Dさん

曲がった事が大嫌いな坊ちゃん、良いですよね。リズミカルな文体も好きです。赤シャツ…T.Dさんの学校の教頭先生も赤シャツとキャラが被ったのでしょうか笑。

松山藩の二代目藩主は、蒲生忠知ですね。お恥ずかしいのですが、それ以外あまり存じ上げておりません汗。歴史好きのT.Dさんなら、松山城は見所満載だと思いますよ。うっかりリフトに乗って冷や汗をかきました。ロープウェイがあるのでどうぞご安心を笑。
うどんと言えば、松山市の名物に「鍋焼きうどん」があります。手頃でとても美味しいので、お越しの際は是非どうぞ!


by menagerie_26 (2017-03-27 23:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: