So-net無料ブログ作成

Triumph debut [音楽]

IMG_1204.jpg


ブルックナー交響曲第7番
フランツ・ヴェルザー=メスト指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(写真はオーケストラHPより)

オンデマンドはこちらから。


2月にキャンセルをした時はどうなることかと随分不安になりましたが、このたびブルックナー7番でコンセルトヘボウ管へ晴れてデビューです。Congratulations! 色々な意見があるでしょうが、私はTriumph debutだと思っています。今後も定期的に客演の機会があることを願わずにはいられません。


控えめな佇まいながらも、外野に振り回されず我が道をゆくヴェルザー=メストの気概が充溢した演奏でした。揺るぎない自信と真摯さが同居し、自然な高揚感を持った音楽の流れが実に気持ち良く感じられます。素材の良さを最大限に生かした懐石料理を食しているような感覚です。


ヴェルザー=メストのブルックナー7番は、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランドオーケストラとの録音で聴いています。何も変わったことをしているように見えないのに、聴き終えた後の充足感はブルックナーでも同様です。年々その自然体の解釈に説得力が増しているようにも思えます。


短期間でマエストロの要望に応えたコンセルトヘボウ管はやはり上手いですね。特にブラスセクションが素晴らしかった。第3楽章のトランペットのソロ、気品があってまろやかな音色が、クリーヴランドのマイケル・ザックスさんと同じ路線でした。厚みのある弦は、滑らかながらも重心が低く、程よい重厚感があります。クリーヴランドの弦がしなやかに歌うのは、ヴェルザー=メストとの長年の共同作業の結果なのだという点も再認識しました。


このブログを読んでくださっている方ならお気づきかと思いますが、私にとっては、ヴェルザー=メストとクリーヴランド管が紡ぎ出す音色が、他では代用がきかないレベルではあります。今回も最初はそれほど心が踊らない・・とも思ったのですが、いやいや撤回いたします。オンデマンドが終了するまで毎日聴きそうな勢いです。


次は5月7日に、バイエルン放送響との演奏会がBR-Klassikで放送されます。お見逃しなく!
(4/30 健康上の理由でキャンセルになりました。)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブラームス 交響曲第1番 - Johannes Brahms Cycle No. 5 - [Johannes Brahms Cycle]

IMG_6922.jpg

(写真は桃花。ヴェルザー=メストとクリーヴランドオーケストラの1番は、この桃花のよう清澄なイメージです。)

Symphony No. 1 in C minor, Opus 68
The Cleveland Orchestra
Franz Welser-Möst
September 2014, Royal Albert Hall


ザルツブルク音楽祭のブログに、ヴェルザー=メストのインタビューが掲載されている。ウィーンフィルのこと、共演する歌手、R.シュトラウスに対する思い、そして今夏のダナエの愛について熱く語り、クリーヴランドオーケストラの音色にも言及している。”Its sound is silvery, elegant, transparent, singing, intimate, brilliant, never forced, and bright colours dominate.” ふと"bright colour"に目が止まった。


これまでよく聴いていた小澤さんとサイトウキネンオーケストラのブラームスは、翳りや憂いを帯びたサウンドだ。クリーヴランドの音色は確かに明るいのだが、燦々と輝くようなイメージではなくて、純度の高い暖色系の音色とでもいうのかしら。明るめのトーンが意外にもブラームスの1番によく合っていると思う。


約20年の歳月を経て遂に完成した第1番、重厚に粛々と開始するのではなく、ぐっと押さえて、しなやかに音楽が始まる。この出だしが非常に良い。忍び足で始まる舞踊のようでもあり、実に優雅なのだ。そういえば箏の先生に、10割の声ではなくて、7割くらいの声で余裕を持って歌うのが良い、と教わったことがある。ヴェルザー=メストとクリーヴランドの演奏にもそういう部分があって、パワーで弾き切るのではなくて、良い意味で余裕が感じられる。歌唱的な響きを全面に出したブラームスではあるのだけれど、時折エッジの効いた鋭い響きも聞こえてくる。grazioso (優雅に)というブラームスの指定を正確に体現したような第3楽章も心地良い。第3楽章が始まる前に、クラリネットのマッケルウェイさんとアイコンタクトをするマエストロの表情も微笑ましかった。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽