So-net無料ブログ作成

ブラームス ピアノ協奏曲第2番 - Johannes Brahms Cycle No. 9 [Johannes Brahms Cycle]

縮景園


Piano Concerto No. 2 in B-flat major, Opus 83
The Cleveland Orchestra
Franz Welser-Möst, conductor
Yefim Bronfman, piano


県立美術館で開催中の東山魁夷展の帰りに、縮景園に立ち寄った。台風前の生憎の天候ではあったけれど、空を見上げると、雲の隙間から秋のはじめの澄明な陽光が、木々へ降り注いでいた。紅葉が始まろうとしている。

初秋にふさわしいピアノ協奏曲第2番は、作曲家として充実期にあるブラームが、イタリア訪問に感銘を受けて作曲した。明るい曲調ながらも、ブラームスらしい翳りのある情熱的な旋律が美しく、心の綻びるような感傷に浸らずにはいられない。


ヴェルザー=メストとブロンフマンが、曲について大変興味深いコメントを寄せいているので紹介したい。端的に言ってこの演奏会、ヴェルザー=メストとブロンフマンの、曲の本質を見抜くバランス感覚が思う存分発揮された名演だ。(翻訳は、昨年のBSプレミアムのキャプチャを引用させていただいた。)

----------------------------------------------
ブロンフマン:「書かれた通りに素直に演奏すればよいのです。ことさら重厚にする必要はありません。」

ヴェルザー=メスト:「第1楽章は素晴らしいホルンの独奏とピアノの掛け合いで始まりますが、そこが重厚になりすぎると最終楽章が滑稽に聴こえてしまいます。」 「こういった曲は「旅」に似ていて、出発する時にはゴールを決めておかねばなりません。これが第2番の難しいところです。第1楽章を見た目通りに演奏すると本来の行き先を見失ってしまいます。4楽章全てを理解すれば、正しい道筋を通って「旅」を完結することができるのです。」
----------------------------------------------

まさにそうなのだ。私はあの冒頭を重厚に演奏されるのがとても苦手だった。ライヴで聴いたTimothy Robson氏は ” From the opening horn solo, beautifully played by principal horn Richard King, and Yefim Bronfman's first entrance one had the sense that this was a special performance. “と記している。日本語でいうところの「これは名演の予感がした!」だろうか。


第1楽章。
ホルン首席リチャード・キングさんの温もりのあるソロを、ピアノが丁寧に受け、スミスさんのフルートが橋渡しをする。最初の独奏からブロンフマンの音色が出色だ。ブロンフマンはペダルを巧妙に駆使し、堂々とした響きの中に嫋やかさを覗かせる。トゥッティが演奏する生命力に満ちた力強い旋律は、東山魁夷の『行く秋』の世界の如く、眩しいほどに燦々と輝く。ヴェルザー=メストとクリーヴランド管は、雲一つなく晴れ渡った天色の空のような清らかな響きを保ちつつ、毅然とした雰囲気でブロンフマンに応える。


第2楽章。ピアノの旋律を聞いた途端、心に痛みが走る。暗い深海でひっそりと孤独を味わっているかのような感覚だ。人生は落胆の繰り返しと言わんばかりの陰鬱な雰囲気は、いかにもブラームスらしい。美しさと沈鬱な面持ちが混じりあったピアノが心に滲み入る。


第3楽章。泣いても泣いても涙が溢れ出てくるような底知れぬ空虚感。過ぎ去った日々に想いを馳せながら、残りの人生を穏やかに生きたいと願っているかのようだ。静謐の空間に身を置きながら、ブラームスの心の中には何が浮かんでいたのだろう。首席チェロ、マーク・コソワーのさんの深みのある情緒的な音色が、もうそれはそれは素晴らしく、身も心も綻びるかのようだ。ブロンフマンは、淡く儚げなタッチで、静かに寄り添う。


第4楽章。ガラリと雰囲気が変わり、ピアノもオーケストラも今にも踊り出すかのように軽やかだ。酸いも甘いも噛み分けたブラームスがたどり着いた境地とでも言うのだろうか。この上なく優美にオーケストラを響かせるのは、ヴェルザー=メストの十八番。歯切れよく粒立ちのよいブロンフマンのピアノ、しっとりとした弦、端正な木管、全てが一体となり輝かしいフィナーレを迎える。


途中胸が張り裂けそうなくらい苦しい旅路だったけれど、ゴールした瞬間の清々しさといったらもう!フランツ先生は、実に巧みに私たちを引率してくれたのだった。


明日の朝9時から、WCLVで再放送があります。
まだの方は是非聴いてください!!
11/12シーズンのマイアミレジデンシーのブラームスはこちらから視聴可能です。






Johannes Brahms Symphonies Nos.1-4 - Tragic Overture [Blu-ray] [Import]

Johannes Brahms Symphonies Nos.1-4 - Tragic Overture [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Belvedere
  • メディア: Blu-ray



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リスト 交響詩第4番「オルフェウス」 [音楽]

IMG_8258.jpg


Liszt Symphonic Poem No. 4, Orpheus
The Cleveland Orchestra
Franz Welser-Möst
Subscription concert: May 14, 2016, Severance Hall
(オンデマンドは9/19まで


5月14日の定期演奏会は、リストのオルフェウスとバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番、メインは弦チェレという大変地味なプログラムだった。セヴェランスホールの聴衆のレベルは非常に高く洗練されているので、音楽監督の演奏会には意欲的な曲目が並ぶ。一見渋いプログラムに見えるが、後日放送されたヴェルザー=メストのインタビューを聞いていると、大盛況だったようだ。凄いなあ。馴染みのない演目でもセヴェランスホールは満席というのだから。


薄明かりの中に佇むオルフェウスの登場をイメージさせる印象的なハープの旋律で曲は始まる。続く艶かしいチェロの音色、それを受けてオーボエが嫋嫋とした音色で応える。未知の世界に足を踏み入れたような感覚になる不思議な音楽だ。なるほど、プレビューでヴェルザー=メストが、美しい世界に魅了されると力説したのも頷ける。瞬く間にその瞑想的な世界に惹きつけられた。曲の改訂を繰り返していたリストだが、この作品は直感で書き下ろした後は手を加えることがなかったそうだ。超絶技巧のイメージが先行する作曲家の、新たな一面に出会った。

中間部のヴァイオリンソロの艶かしい響きが、この上なく素晴らしく、竪琴を持って佇む高貴なオルフェウスを想起させる。フルオーケストラになり迫力を増してゆき、金管が力強く主題を奏でる。幽玄的な世界に誘われた後、曲は静かに終わる。


ため息の出るような甘美な響きに酔いしれた。オルフェウスを聴いていると、琴座神話が好きでプラネタリウムに通い詰めていた子供の頃が、自然と蘇ってくる。同じ話を何回見に行ったかわからない。ヴェルザー=メストとクリーヴランドオーケストラの演奏会を通して、また一つ好きな曲が増えた。


WCLVの放送予定がアップデートされている。夏の音楽祭とツアーが終わり、今月末はいよいよ16/17シーズンの開幕だ。

ベートーヴェン交響曲第7番 [音楽]

IMG_8191.jpg

(The Cleveland Orchestra Story P. 480)


Christoph von Dohnányi
The Cleveland Orchestra
(recorded on September 20, 1987, Masonic Auditorium)


長月。新しい月の始まりに、ヴェルザー=メストとクリーヴランドオーケストラのベートーヴェン交響曲第7番を聴いていた。澄み渡る秋空のような透き通った響きと躍動感、終楽章の疾走感が素晴らしすぎて、もうため息しか出ない…。


個人的にベートーヴェンの7番について、ヴェルザー=メストの演奏と双璧をなすのがドホナーニさんの録音だ。 先月、AKGのN20というイヤフォンを購入して以来、お気に入りの録音をこのイヤフォンで聴き直している。とりわけドホナーニさんの演奏は、N20のおかげでますます輝きを増しているかのよう。あれもこれもと聴いてしまう。

テラークの録音技術の高さは、素人の耳にもよく分かる。ストレートで奥行きがあり、迫力のある低音、ティンパニの透徹な響き、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感あふれる音質が秀逸だ。


ベートーヴェンの7番は、名曲中の名曲だから、誰が振ってもある程度サマになるけれど、好みの演奏を見つけるのは容易ではない。
ドホナーニさんの7番は、燃え上がるような熱演とか、熱狂的というのとは少し違って、まずその引き締まった造形美に魅了される。 天高くそびえる西日本最高峰の石鎚山の山頂を連想させる、均整のとれた姿。あまりに完璧すぎて、最初は近寄りがたく感じるかもしれないが、じわじわと増してゆく高揚感が実に心地よい。英語で言えば”majestic”の一言に尽きる。マラソンで先頭集団に属し、狙ったタイミングでスパートをかけることができるような、確かな技術と余裕さえ感じられるのだ。


ヴェルザー=メストが築き上げた現在のまろやかなサウンドはもちろん好みだが、ドホナーニさん時代のきりりと引き締まった淡麗なブラスセクションを無性に聴きたくなることがある。セヴェランスホールではなく、クリーヴランドマソニックオーディトリアムの音響の効果もあるかもしれない。


第1楽章。冒頭の和音はクリーヴランンド管らしい強靭さと優雅さを備えた心地よい響き。舞踏的で明るい曲というだけではなく、長らく続いた冬の時代がようやく終焉を迎え、光の指す方向に向かって歩みはじめるかのようなイメージが浮かんでくる。生きることへの肯定感を高らかに歌い上げるベートーヴェンの音楽を、ドホナーニさんは、凛とした雰囲気でぐいぐいと進めてゆく。厚みのある弦の響き、アクセントの効いたブラス、清澄な木管、しっかりと主張するヤンチッチさんのティンパニ。各パートが絶妙にブレンドしあって美しい響きを作り上げる。ほどよい重厚感を保ちながら、あくまでもクリアなサウンド。特定のパートを際立たせるとか、小手先の技術でどうこうすることはない。ドホナーニさんの手にかかると、埋もれてしまう楽器がないのだ。

荘厳な雰囲気で始まる第2楽章も、非常にバランスのとれた響きで進んでゆく。打って変わって、弾むようなメロディが印象的な第3楽章。畳み掛けるように駆け抜けるのではなく、節度を保った演奏だ。最終楽章。狙いを定めたようなきりっとした弦が出色で、この上なく素晴らしい。ここでもティンパニとブラスをしっかりと響かせ、重心は低めながらも颯爽とした印象を与えている。どこか涼しげな表情を残しながら、白熱の演奏でフィナーレを迎える。


現在ドホナーニさんは療養中で、夏のタングルウッド音楽祭も降板した。
白内障の術後の経過が良くないのか、年内はお休みするとのこと。
来シーズンは元気な姿でクリーヴランドに戻ってきてほしい。未完成と大地の歌が楽しみでならない。


Youtubeのウィーンフィルとのベト7は、それほど良さが出ていません。是非クリーヴランドとの録音を!!


Beethoven: Symphonies Nos.1.2.5&7

Beethoven: Symphonies Nos.1.2.5&7

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Telarc
  • 発売日: 2009/04/28
  • メディア: CD



Symphonies 5 & 7

Symphonies 5 & 7

  • アーティスト: Ludwig van Beethoven,Christoph von Dohnányi,Cleveland Orchestra
  • 出版社/メーカー: Telarc
  • 発売日: 2003/10/28
  • メディア: CD



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。