So-net無料ブログ作成

クリーヴランドオーケストラ 2017/18 創立100周年シーズン [17/18 centennial season]

IMG_1517.JPG

ついに発表された。3月に入って以来、クリーヴランドオーケストラ創立100周年シーズンの発表を待ちわびていた。例年であれば第一日曜の夜に、プレスリリースが出る。今年は半月経っても何もない。さてどうしたものかと考えていると、今日発表されるというニュースが飛び込んできた。異例のプレゼンテーション付きだ。WCLVにチャンネルを回し、1時間強のトークを存分に楽しんだ(オンデマンドになっています)。ジョークをバンバン飛ばすヴェルザー=メストの話に、お腹を抱えて笑ってしまったほどだ。

音楽監督の演奏会は、オペラ2本(利口な女狐の物語 & トリスタンとイゾルデ)、マーラーの6番と9番、春の祭典、ハイドンの四季、メシアンとバッハ、そしてベートーヴェンツィクルスすなわち「プロメテウス・プロジェクト」だ。客演指揮者もソリストも、オーケストラにゆかりのある人たちばかり。実に堅実なプログラムだと思った。ヴェルザー=メストは、「100周年にありがちな、豪華絢爛な演目を並べたシーズンにするつもりはない。」あくまでも「コミュニティを祝うこと」に主眼を置くと話していた。そのコミュニティとの関わりで言うと、2018年のキング牧師記念日コンサート、アメリカ独立記念を祝う“Star-Spangled Spectacular”コンサートも、MDが指揮をする。

オープニングコンサートがオペラとは意外だったけれど、ウィーンで取り上げる演目なので然もありなんだ。同じく、シーズン最後に「プロメテウス・プロジェクト」が配置されている。東京でのベートーヴェン・ツィクスルに備えているはずだ(ヴェルザー=メストの口からTokioというワードが出た)。強いて言うならば、なぜ英雄だけ3回もプログラミングされているのだろう? 録音するので、きっと繰り返し取り上げるのだろうけれど...。ベートーヴェンを中核に据えたシーズンと言えるだろう。

アシュケナージさんが久しぶりに客演する。ドホナーニ大先生には是非とも回復していただいて、ブラームスを振ってほしい。MTTさんの悲愴は、放送があるといいな。フルシャさんは、もしかして時期MDの候補かもしれない(と個人的に思っている)。

-------------------------------------------
プログラム詳細は、下記の3つのサイトを参考にまとめています。
(誤植や誤記があった場合は後日修正します。)
オーケストラのプレスリリース 
Brochure
The Plain Dealerの記事


********************************************************************
2017-18 SEASON AT SEVERANCE HALL

続きを読む(全プログラムの内容)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

松山再訪 [旅]

久方ぶりに、愛媛の松山を訪れた。限られた短い時間の観光ではあったけれど、懐かしい道後温泉と松山城を満喫できた。

道後公園

スタートは、道後公園。路面電車で下車し、公園内をゆっくりと散策する。今を盛りと梅の花が咲き、小鳥のさえずりが聞こえる。澄み切った空気と梅花の匂いがほどよくブレンドされ、芳しい香りに包まれていた。遠足に来ている幼稚園児や小学生、観光客、学生、地元の人々。地域の憩いの場だ。


子規記念博物館

子規記念博物館は残念ながら休館日だった。また今度。


道後温泉駅

公園を抜けて、道後商店街へ向かって歩く。


坊っちゃん列車

坊っちゃん列車や時計台の前は、カメラを持った人で大賑い。

道後温泉本館

商店街を歩くこと数分、道後温泉の正面玄関が見えてきた。今回は入浴はお預け、付近を歩いて回った。


城山リフト

再び路面電車に乗り、松山城へ。普段は徒歩で城山を登っていたのだけれど、何を思ったかリフトに乗ってしまった。思いの外高くて怖い。震えながらカメラのシャッターを押した。


松山城

天守閣へは20分ほど歩いて到着する。薄曇りではあったけれど、松山市内を一望できた。


昔住んでいた場所を訪れると、深い郷愁に駆られるものだ。当時は、慌ただしく毎日が過ぎるばかりだった。離れてみてその良さを実感する。途中で立ち寄ったコーヒーショップのオーナーとお客さんは、いちげんさんの私に、取れたての金柑を袋いっぱいに詰めてくれた。「お姉さんもおあがりなさい。」なんて気さくで親切な人たちだろう。松山にはこんな人が多いのだ。今も昔も変わらない。

松山も広島も、お城があって路面電車が走り、昔ながらの街並みが残る。私にとってはちょうど暮らしやすい街の大きさなのかもしれない。ふと、「ふるさというんはただ生まれた場所のことを言うのやない。そねして自分で作っていくもんなんやで 」という糸子さんのセリフを思い出した(『ちりとてちん』)。松山も広島も、かけがえのないふるさとなのだと強く思った。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行