So-net無料ブログ作成

クリーヴランドオーケストラ 2017/18 創立100周年シーズン [17/18 centennial season]

IMG_1517.JPG

ついに発表された。3月に入って以来、クリーヴランドオーケストラ創立100周年シーズンの発表を待ちわびていた。例年であれば第一日曜の夜に、プレスリリースが出る。今年は半月経っても何もない。さてどうしたものかと考えていると、今日発表されるというニュースが飛び込んできた。異例のプレゼンテーション付きだ。WCLVにチャンネルを回し、1時間強のトークを存分に楽しんだ(オンデマンドになっています)。ジョークをバンバン飛ばすヴェルザー=メストの話に、お腹を抱えて笑ってしまったほどだ。

音楽監督の演奏会は、オペラ2本(利口な女狐の物語 & トリスタンとイゾルデ)、マーラーの6番と9番、春の祭典、ハイドンの四季、メシアンとバッハ、そしてベートーヴェンツィクルスすなわち「プロメテウス・プロジェクト」だ。客演指揮者もソリストも、オーケストラにゆかりのある人たちばかり。実に堅実なプログラムだと思った。ヴェルザー=メストは、「100周年にありがちな、豪華絢爛な演目を並べたシーズンにするつもりはない。」あくまでも「コミュニティを祝うこと」に主眼を置くと話していた。そのコミュニティとの関わりで言うと、2018年のキング牧師記念日コンサート、アメリカ独立記念を祝う“Star-Spangled Spectacular”コンサートも、MDが指揮をする。

オープニングコンサートがオペラとは意外だったけれど、ウィーンで取り上げる演目なので然もありなんだ。同じく、シーズン最後に「プロメテウス・プロジェクト」が配置されている。東京でのベートーヴェン・ツィクスルに備えているはずだ(ヴェルザー=メストの口からTokioというワードが出た)。強いて言うならば、なぜ英雄だけ3回もプログラミングされているのだろう? 録音するので、きっと繰り返し取り上げるのだろうけれど...。ベートーヴェンを中核に据えたシーズンと言えるだろう。

アシュケナージさんが久しぶりに客演する。ドホナーニ大先生には是非とも回復していただいて、ブラームスを振ってほしい。MTTさんの悲愴は、放送があるといいな。フルシャさんは、もしかして時期MDの候補かもしれない(と個人的に思っている)。

-------------------------------------------
プログラム詳細は、下記の3つのサイトを参考にまとめています。
(誤植や誤記があった場合は後日修正します。)
オーケストラのプレスリリース 
Brochure
The Plain Dealerの記事


********************************************************************
2017-18 SEASON AT SEVERANCE HALL

続きを読む(全プログラムの内容)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。