So-net無料ブログ作成
検索選択

松山再訪 [旅]

久方ぶりに、愛媛の松山を訪れた。限られた短い時間の観光ではあったけれど、懐かしい道後温泉と松山城を満喫できた。

道後公園

スタートは、道後公園。路面電車で下車し、公園内をゆっくりと散策する。今を盛りと梅の花が咲き、小鳥のさえずりが聞こえる。澄み切った空気と梅花の匂いがほどよくブレンドされ、芳しい香りに包まれていた。遠足に来ている幼稚園児や小学生、観光客、学生、地元の人々。地域の憩いの場だ。


子規記念博物館

子規記念博物館は残念ながら休館日だった。また今度。


道後温泉駅

公園を抜けて、道後商店街へ向かって歩く。


坊っちゃん列車

坊っちゃん列車や時計台の前は、カメラを持った人で大賑い。

道後温泉本館

商店街を歩くこと数分、道後温泉の正面玄関が見えてきた。今回は入浴はお預け、付近を歩いて回った。


城山リフト

再び路面電車に乗り、松山城へ。普段は徒歩で城山を登っていたのだけれど、何を思ったかリフトに乗ってしまった。思いの外高くて怖い。震えながらカメラのシャッターを押した。


松山城

天守閣へは20分ほど歩いて到着する。薄曇りではあったけれど、松山市内を一望できた。


昔住んでいた場所を訪れると、深い郷愁に駆られるものだ。当時は、慌ただしく毎日が過ぎるばかりだった。離れてみてその良さを実感する。途中で立ち寄ったコーヒーショップのオーナーとお客さんは、いちげんさんの私に、取れたての金柑を袋いっぱいに詰めてくれた。「お姉さんもおあがりなさい。」なんて気さくで親切な人たちだろう。松山にはこんな人が多いのだ。今も昔も変わらない。

松山も広島も、お城があって路面電車が走り、昔ながらの街並みが残る。私にとってはちょうど暮らしやすい街の大きさなのかもしれない。ふと、「ふるさというんはただ生まれた場所のことを言うのやない。そねして自分で作っていくもんなんやで 」という糸子さんのセリフを思い出した(『ちりとてちん』)。松山も広島も、かけがえのないふるさとなのだと強く思った。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行